本来、教育の主体は家庭であり、地域社会です。近代社会成立以来、日本では国家教育体制が成立し、教育の主導権を持ち、家庭や地域の教育力は低下の一途をたどってきました。20世紀の後半に勃興した学習塾でも、家庭からの信託により子弟の教育にあたるということから、本来は家庭教育・地域教育の補完的機能を果たすべきところを、子どもたちを地域や家庭から切り離し、また、家庭も安易に塾を託児所代わりに利用し、家庭の教育力の低下を促進しました。ここに現在の教育問題の根本的な問題があります。
本協会は、地域・家庭の自助努力を助長し、地域・家庭の教育力回復のために、教育関係諸団体が協力して、目的達成のために必要な教育資源の開発・研究に取り組み、その成果をもって社会の改革を推進することを本旨とします。

地域づくりは人づくり

人づくりは教育から

臨時嘱託調査員募集

June 05, 2017

教育支援協会北陸

教育支援協会北陸(特定非営利活動法人未来の暮らしデザイン研究所内)では、「特定非営利活動法人 小学生英語指導者認定協議会」が、北陸地区で行う事業の運営協力を行っており、この度、下記の臨時スタッフを募集します。

 

【募集内容】

① 教育委員会訪問調査 調査員

各地域で進められている小学校外国語活動の実施状況と、教科化に向けた準備状況や課題、 外国語活動指導助手(ALT および地域人材)の活用状況と、現状での問題点や課題などについてを調査し、その内容をまとめて文部科学省の担当者へ状況を報告して、各地の教育委員会の要望などを伝え、小学校での外国語活動がより充実するよう提案する為の基礎となるデーターの収集を調査員として行う業務です。 

 

(募集要項) 

 

 募集人数:若干名

 調査対象:福井県、石川県、富山県、新潟県の市町村教育委員会

      ご担当頂く教育委員会は、6月18日の説明会で希望を伺い、こちらで調整のうえ決定します。

 委嘱期間:2017年6月20日〜7月25日(報告書提出期限)

 謝金:1,000円(1時間あたり)

    自宅を出発してから、訪問調査を終えて再び自宅に戻るまでの時間です。

    報告書作成時間は、謝金支給対象外です。

 業務内容:お渡しする「教育委員会訪問調査の諸注意」 に沿って行って頂きます。担当する市町村教育委

      員会の学校教育課長または、小学校英語の担当者にアポイントを取り、予めデーターでお渡し

      する「教育委員会訪問報告書」のフォーマットに沿って聞き取り調査を行って頂きます。

      なお、調査内容を記載し終えた「教育委員会訪問報告書」は、メール添付にて当会まで、デー

      ターで送っていただきます。

 応募資格:下記の①〜⑥のいずれかに、当てはまる方で、メールでのやり取りが出来、PCで報告書の作成が出来る方

      ① J-Shine認定「小学校英語指導者」資格  有資格者

       (育成トレーナー、上級指導者、準認定指導者の各資格を含む)  

      ② TECSOL  有資格者

      ③ TESOL  有資格者

      ④ 教員免許所持者

      ⑤ 学校・塾・英語教室等において、日頃から英語活動に関わっていらっしゃる方

      ⑥ 小学校における英語の教科化および英語活動に興味があり、目的意識を持ってまじめに業務に取り組める方

   

 謝金支給方法:後日振込

 交通費:公共交通機関利用、実費支給(タクシー利用不可)

     

 

② 小学校英語教科化記念全国シンポジウム 会場運営スタッフ

 

学習指導要領の改定案が発表され、2020年から小学校5・6年生の英語は教科化されることが決まり、小学校3・4年生では英語活動が始まります。小学校での英語教育が推進されていくことが明確になった今、如何に小学校での英語活動を実現していくのか? 学校・社会・地域がどのように連携し、小学校英語を拡充していくのかを考えるシンポジウム(金沢会場)での、運営スタッフです。

(募集要項) 

 日時:9月10日(日) 

 勤務時間:11:00〜17:00(6時間)

 勤務場所:金沢会場(石川県教育会館)

 時給:1,000円

 業務内容:シンポジウムの会場における簡単な設営、受付け、会場内での案内対応など

 応募資格:下記の①〜⑥のいずれかに、当てはまる方で、メールでのやり取りが出来る方

      ① J-Shine認定「小学校英語指導者」資格  有資格者

       (育成トレーナー、上級指導者、準認定指導者の各資格を含む)  

      ② TECSOL  有資格者

      ③ TESOL  有資格者

      ④ 教員免許所持者

      ⑤ 学校・塾・英語教室等において、日頃から英語活動に関わっていらっしゃる方

      ⑥ 小学校における英語の教科化および英語活動に興味があり、目的意識を持って業務に取り組める方

 アルバイト代の支給方法:後日振込

 交通費:公共交通機関利用、自宅最寄り駅(バス停)〜会場までの交通費を実費支給(上限2,000円・タクシー利用不可)

 その他:シンポジウム当日の昼食は弁当を支給します。

【応募方法】

 下記の合同説明会・面接会にお越し下さい。説明会のあと、そのまま選考(個別面接・約5分)を申し込み順に行わせて頂

 きます。採否の結果は、面接後、1週間以内にメールにて通知します(採否結果、またその理由についてのお問合わ

 せは、一切お受け出来ません)

    

 

【面接・説明会】事前申込制(メールにて)

 

日程:2017年6月18日(日) 13:00〜

会場:石川県NPO活動支援センター

   石川県金沢市香林坊2丁目4番30号 香林坊ラモーダ7階(TEL:076-223-9558)

   http://bb-building.net/city/info/0021.html

 

スケジュール:説明 13:00〜14:00

       面接 14:00〜(一人5分程度)

持ち物:1 筆記用具

 

申し込み:メールにて、下記 ①〜⑦をお書き添えのうえ、お申し込み下さい。

     メール送付先:n-nakajima@kyoikushien.org 担当:中嶋(NPO教育支援協会理事/協会北陸代表)宛

     件名:6/18  J-Shineの件

 

     ① 氏名:

     ② ふりがな:

     ③ 希望される業務:①訪問調査員、または②シンポジウム会場スタッフ、もしくは①と②の両方

     ④ 応募資格①〜⑥のうち、当てはまるもの

     ⑤ 連絡先:(メールアドレス)

           (日中、連絡のつく電話番号)

     ⑥ ご住所(郵便番号):

     ⑦ 志望動機:

 

申込締切:2017年6月17日(土) 〜15:00 

 

・会場スペースの都合で、定員数(先着30名程度)となった時点で、参加受付は、終了させて頂きます。 

・申込受付完了のご連絡を差し上げた時点で、参加確定とします。

・申込後48時間以内に、連絡先(申込時に頂いたメールアドレス宛)に、こちらから参加承諾の連絡がない場合

 は、恐れ入りますが、電話にて、080-4254-7811 担当:中嶋(NPO教育支援協会理事/協会北陸代表)まで、ご連絡下

 さい(留守番電話に切り替わった場合は、メッセージをお残し下さい)

・メールフィルタを設定されている場合は、n-nakajima@kyoikushien.org からのメールが届くよう、設定を

 お願いします。    

 

この件に関する問い合わせは、メールにて n-nakajima@kyoikushien.org 担当:中嶋(NPO教育支援協会理事/協会北陸代表)まで

小学校英語教科化記念・全国シンポジウム【参加者募集中】

September 09, 2017

教育支援協会北陸 @13:00 am - 16:30 pm(12:30開場)

学習指導要領の改定案が発表され、いよいよ2020年から小学校5・6年生の英語は教科化されることが決まり、英語活動が小学校3・4年生から始まります。小学校での英語教育が推進されていくことが明確になった今、如何に小学校での英語活動を実現していくのかを真剣に考える時です。学校・社会・地域がどのように連携し、小学校英語を拡充していくのか。一緒に考えましょう。

金沢会場:9月10日(日)13:00〜(12:30受付開始・開場)
会場:石川県立教育会館/第1会議室
定員:先着200名(参加費無料)
主催:特定非営利活動法人 小学生英語指導者認定協議会
運営協力:教育支援協会北陸
    (特定非営利活動法人 未来の暮らしデザイン研究所内)
後援:文部科学省(申請中)​・NPO法人教育支援協会

Please reload

NEWS

​特定非営利活動法人 教育支援協会 本部ホームページへは、下記リンクから